231. 英語を学ぶ理由がわかるムービー

ウクライナを追われたたくさんの人が到着している、ドイツのベルリン中央駅。

そこに「わたしの家にきてください」と、手作りのカードボードをかかげて手を差し伸べる、見ず知らずのドイツの人たち。

このニュースを見ている時に、ベルリンにいる親せきに教わった言葉を思い出しました。

イギリスBBCニュース

https://www.bbc.com/news/av/world-60612138(タップで再生)

アメリカの小さいこども向けのテレビ番組の司会者だったFred Rogers(フレッド・ロジャース)のお母さんは、いつもこう言っていた。

「困った時は、自分のそばに必ずいる、助けようとしてくれている人を探すこと。助けてもらって救われたなら、今度は助ける人になればいい」

あらためて、みなさんが英語を学ぶ理由は、ここにあると思います。

英語が話せれば、より多くの人を助けられます。そして、自分も困った時に助けを求めることができます。

学生でいる間の、英語のテストで良い点をとるための努力は、通過点であって目標にはなりません。

みなさんには、たくさんの人を助けられる、たくさんの人に助けてもらえる大人になってもらいたいです。

国せき(※)をこえて、私たちは地球人の一員で、とても大きな家族なのだから。

※国せき:自分がひとつの国の国民であること

※フレッド・ロジャース Wikipedia | YouTubeでみられるエピソード